路面横断測量業務 (横断プロフィール測定)     

小木曽建設


道路の維持修繕としての工法のひとつに切削オーバーレイがありますが、工事前に道路の現状の道路形状を測定する必要があります。

当社スタッフによる専用測定機器(トータルステーション:TS)を用いた路面横断測量の状況 

車線規制せずに安全計測

 計測作業時はこれまでのように車線規制をする必要はありませんので、安全に計測作業ができます。

 (センターのマーキングの際に規制が必要な場合があります。)

■ 計測時のコストが大幅削減

 ・計測作業の際、大掛かりな交通規制をする必要はありませんので交通規制コストの縮減が可能。
 
・交通量が多い現場で夜間に計測作業をする必要はありませんから、照明等の機材を必要といたしません。


路肩に専用トータルステーションを設置し、安全に道路の性状を測定いたします。

測定イメージ

路面を測量機が直接計測します。測量機は路肩や歩道に設置して計測ができます。


測量機を据えた一箇所から複数の横断計測が可能です。

     据付作業は各断面ごとに行う必要はありません。
 計測中に一般車両や歩行者が通過しても

 問題ありません。


出力物例(横断図)


出力物例(縦断図)

印刷物もしくはPDFデータにして、成果を提出いたします。


長野県内及びその近県で横断測量業務のスポット請負も可能です。お見積りいたします。

お問合せ先

一つ前のページへ

↑バナ−をクリックするとインデックスにジャンプします。

ロードカッター 路面切削 オーバーレイ 切削オーバーレイ グルーピング 舗装修繕 道路維持 国土交通省 道路公団 ビルトゲン